ファスト映画で逮捕されたけど、本を要約してる人は大丈夫なのか?

雑記
スポンサーリンク

先日、ファスト映画を制作していた人が逮捕されました。

ファスト映画ってのは映画を10分くらいにまとめて、サクッとストーリーが全部わかるようにしたものって感じの物です。

まあこれのせいでお金払って映画を見てくれないって事で捕まった訳ですけども…こう言うの本でもあるけどそっちはどうなん…?と思って記事を書いてます。

YouTubeとかでさ、ビジネスとかダイエットとかの本を要約して、本の内容を動画でサクッと見れるやつあるじゃないすか。

自分もたまに気になるやつは見たりするんですけど、それ見たら別に本要らなくないですか…?

気になってた本の中身知ったらもう要らないですよね…?

良いこと教えてもらった!中身知ってるけどこの本買います!って人が実は98%くらいいて、金出さない自分が少数派…?な訳ないすよね?

出版社はどう思ってるんでしょうか。

どうせ中古でぐるぐる回って新品買われないから、興味持った人が新品で買ってくれるかもしれない事に賭けて、宣伝だと思って黙認してるんでしょうか…。

もしくは出版社にお金払って許可を貰ってるんでしょうか。それなら納得しますが、本の中身バラしすぎて効果薄そうだけどどうなんだろう…。

私、気になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました