トマトを食べるとハゲるかもしれないと公表される。原因の成分はあの食品にも!!

ライフハック
スポンサーリンク

こんにちは、けんじ屋です。

今回衝撃的な記事を見つけましたので皆さんに共有したいと思います。

野菜には多くの栄養素が含まれており、その一部であるリコピンのおかげで、がんのリスクを減らすことさえできます。
しかし、彼の著書 『植物のパラドックス』で、心臓病専門医は、心臓病のある人に食事をより批判的に見るように勧めています。
トマトにはレクチンが含まれています。これは、植物が害虫に対する保護のために生成する一種のタンパク質です。
そして、これらの物質は人間の健康に深刻な脅威をもたらします
摂取されると、レクチンは炎症プロセスとさまざまな病気につながるメカニズムを引き起こします。
つまり、健康な細胞と病気の細胞の両方を破壊します。
したがって、トマトは慢性疲労症候群、発疹を引き起こし、脳の活動に悪影響を及ぼし、脱毛症にさえつながる可能性があります。
しかし、これは食事から野菜を完全に排除する必要があるという意味ではありません。
対策を知って十分に食べれば十分です。

興味深い結論:心の弱い人はトマトをあまり食べないほうがいい https://ukr.media/medicine/401711/

トマトは慢性疲労症候群、発疹を引き起こし、脳の活動に悪影響を及ぼし、脱毛症にさえつながる可能性があります。

・・・・。

脱毛症にさえつながる可能性があります。

衝撃です。体にいいと思っていたトマトにそんなデメリットがあったなんて・・・。

そしてこの副作用はトマト含まれているレクチンという成分によるものだという結果。

レクチンとはいったいどんなものなのか、なにに含まれているのでしょうか。

レクチンが含まれている主な食材は以下の通り。

玄米、パン、パスタ、蕎麦、シリアル、ジャガイモ、砂糖、豆類全般(もやしのようなスプラウトもダメ)、豆腐、枝豆、ピーナツ、カシューナッツ(ナッツではない)、チアシード、トマト、ナス、キュウリ、カボチャ、メロン、トウモロコシ、ローカロリー飲料……など

https://www.shoeisha.co.jp/book/article/detail/156

普段からヘルシーだと思って食べている物が多いですよね。

朝ごはんなどは手軽に済ませたいからパンやシリアルでという人は多いのではないでしょうか。

砂糖やローカロリー飲料などは沢山摂取するとないよねというのは何となくわかりますが、玄米や蕎麦、豆類に薄毛の危険があったなんて・・・。

ちなみにこのレクチンを危険視した内容は以前からあり、レクチンフリーを訴えている書籍なども存在します。

意外と気にしていなかったこのレクチン。大量に食べすぎなければ大丈夫だとは思いますが、献立を考えるときに少し注意したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました